Sion Inc.

Sion Inc.

Home > シンギング・リンについて > シンギング・リンの特色(チベタンボウル、おりんとの比較)

シンギング・リンについて チベットの叡智と日本の伝統文化が生んだ音響楽器。豊かで充実した心をあなたに贈ります。 Sound 音

シンギング・リンの特色(チベタンボウル、おりんとの比較)

静寂の中に響くお寺の鐘の音は、日本人の心の深い部分に郷愁と安らぎを与えてくれます。
古来より、東洋の仏教などで用いられてきた鐘、そして、お経を唱えるときに使うおリンは、
人々の心に癒しの効果を与え、時代とともに人類に引き継がれてきた法具です。
それらの法具は、その美しく神聖な音色により、密教の分野で、医療機器としても使われてきた歴史があります。
また、西洋でも、教会の美しい鐘の音は、人々に敬虔な感情を呼び起こしてきました。
このような神聖で美しく神秘的な音色が、日本の伝統工芸と融合し、
まったく新しい音響楽器“シンギング・リン”として誕生しました。
その精妙な聖なる響きは、様々なアーティストや新しい時代の教育を探究する教育者、
代替統合医療を実践する医師、 独自のヒーリングセラピーを求めているセラピストなど様々な方々に研究・活用される一方、 家庭におけるリラクゼーション楽器としても多くの方々に喜ばれ、世界に広がろうとしています。 1.最高級の音色

チベタンボウル+おリン=シンギング・リン

2.品質とサウンドレゾナンス
日本を代表する伝統工芸の匠が、手削りで一つずつ削りながら、シンギング・リンを制作しています。
どの場所を叩いても音色がすべて一致するように、 鍛え抜かれた耳と最新のチューニングメーターによって、調音をしながら削っています。
その他にも、さまざまな匠の技術を使い、数カ月の制作期間を経て、シンギング・リンが完成します。
したがって、シンギング・リンは和の匠しか作ることのできない高度な芸術作品であり、極めて貴重な楽器です。
また、シンギング・リンの音色をすべてのシンギング・リンで一致させているので、
サウンドレゾナンス(音の共鳴)現象が起こります。
一つのシンギング・リンを奏でると、音叉のように近くにある他のシンギング・リンも共鳴して倍音が鳴り、
神秘的な音空間を生み出します。
これは、シンギング・リンを奏でると世界中のシンギング・リンが量子力学でのエネルギーレベルでも振動することになり、 世界中のシンギング・リンが最も自然な調和の音色をエネルギーレベルで奏でることになります。

3.耐久性と安全性 秘伝的に伝わる金属の特殊配合により、シンギング・リンの奇跡の音色が生み出されています。
その特殊合金の品質は、こだわりある選び抜かれた最高品質のものを使用しており、
耐久性と安全性を徹底的に追求しています。
メンテナンスしやすく、扱いやすいように最良の配慮を施しています。
シンギング・リンは、家宝として世代を超えて伝承されていく芸
術品です。

4.日本伝統工芸の極み漆の焼きつけ塗装 シンギング・リンの塗装は、ペンキではなく、極めて高度な和の伝統工芸技術である
天然漆の金属焼き付けで塗装しています。
この漆の焼き付け技術は、大変な匠の技が必要であり、シンギング・リンには焼き付けを三回も繰り返し、
最高品質の塗装をおこなっています。
さらに、和の特殊技術である竹ブラシによるお歯黒(つや出しの塗料)や天然蜜蝋の仕上げ作業により、
最高度の仕上げをおこない、美しくぬくもりのある光沢と感触、流麗で品のある風格を実現しています。


シンギング・リンの製造工程はこちら

5.世界最先端技術 レーザーマーキング シンギング・リンには、化学着色塗料を使わない世界最先端のレーザーマーキング技術により、
「調和の取れた美しい」シンボル形態をマーキングしています。
このマーキング技術は、特別なスポット経を用いた、非接触加工のマーキング技術であり、
高度な品質と環境性を有しています。

6.最高の響きを奏でる こだわりのバチ 最高の音質を引き出す為に、材質・硬さ・長さ・
太さ・皮張りの種類・巻き方などを研究し、
何度も試作を繰り返し、シンギング・リン専用の
オリジナルのバチを開発しました。
このバチも、手縫いで一本一本制作しており、
和の匠の技術を使っています。

▲Page Top

チベット地方で5000年前から音響治療として使われたチベット密教の法具 チベタンボール 日本の伝統工芸である仏教音具 おリン 新時代の音響楽器 シンギング・リン